宇都宮の風俗バイトで目指すもの!

ソープランドは特別な風俗店

宇都宮にはソープランドがありますソープランドは、風俗の中でも特別な業種です。どこでも開業できるデリバリーヘルスとは異なり、ソープランドは風営法によって定められており、今後新店を開業することは出来ません。現在、ソープランドが営業している地域は、かつて遊郭や宿場が設置されていた宿場町がほとんどです。そのような地域は新地とも呼ばれ、現在はその場所でのみ営業を続けることが許されています。
宇都宮では、東武宇都宮駅の近くの繁華街に10店舗営業をしています。ソープランドで働く女性をソープ嬢と呼びますが、風俗で働いている女性の最高峰です。これから風俗でバイトをしてみたい女性にとって最終ゴールになる職種です。ここでは、宇都宮にどうようにソープランドが誕生したのかを書いていきます。風俗のバイトに興味のある女性への指南になればと思っています。

宇都宮ソープランドの歴史

宇都宮ソープランドのルーツは江戸時代宇都宮ソープランドのルーツは、江戸時代の宇都宮宿内の籠屋です。籠屋とは旅館です。場所は宇都宮城下で、現在の東武宇都宮駅周辺です。
徳川家康の死後、日光に東照宮が建立されると宇都宮宿は、日光への玄関口として徳川家や全国各地の大名の参拝の際の宿泊地となりました。その宿泊地に、今でいうソープランドの遊郭が設置され、宿泊者たちを持て成すことになります。しかし、徳川家康が眠る東照宮の近くに、幕府公認の遊郭をつくることは出来ません。黙認という形で非公式の遊郭(飯盛女がいる旅籠)を運営をしていきます。飯盛女と呼ばれる風俗嬢が旅籠で旅人を給仕するという建前です。宇都宮宿には最盛期で40軒もの旅籠があったそうです。通例では1軒の旅籠に2人の飯盛女をつけるのが一般的、しかし多くの大名達が集まる宇都宮は、特例で1軒の旅籠に20人近くまでつけることを黙認していたそうです。
飯盛女の身分は、決して高いものではありませんでしたが、お金には困らなかったようです。むしろかなりの金額を稼いでいたそうです。
飯盛女のお陰で宇都宮宿は繁栄し、周辺の産業も発展していきます。この頃に亀ヶ岡城とも呼ばれた宇都宮城も整備されたことから、宇都宮宿を亀遊郭と呼ぶようになりました。

遊郭からソープランドへ

宇都宮遊郭の寂れた風景江戸時代初期から中期に繁栄した宇都宮宿ですが、幕末の戊辰戦争の煽りで戦火に合い大打撃にあったようです。更に、太平洋戦争時に宇都宮は大規模な空襲を受け、市内の50%近くが焼けていましました。
こうして宇都宮城下にあった亀遊郭は、建て直しをしてソープランドして営業をはじめることになります。ソープランドに鞍替えした背景にはGHQ指導による売防法との関わりが大きくあります。施行以降、管理売春が禁止となります。今までのような遊郭制度では法律に抵触します。そこで誕生したのがソープランドです。ソープランドの正式名称は、個室高級サウナといって、単なる個室のお風呂です。男性は受付で入浴料を支払い個室浴場に入ります。すると、女性従業員(ソープ嬢)がいます。女性従業員(ソープ嬢)が男性の入浴を補助し、そこからは言わずもがなの自由恋愛という建前です。
解釈は様々あるでしょうが、現在も営業を続けているのは間違いのないことです。歴史ある列記とした素晴らしい仕事なのです。

目指せ!!最高峰バイトのソープランド

風俗でバイトする際は勇気を出して連絡しよう宇都宮の風俗で働いてみたい女性は、ソープランドをまず視野に入れてください。10店舗と他の風俗業種に比べると数は少ないですが、競合が少ないので、全てのお店で安定した金額を稼げるでしょう。
宇都宮は、デリバリーヘルスが多く全ての店舗の応募情報を隈なく見ることは難しいです。しかしソープランドであれば10店舗なので、一つ一つの応募情報をしっかりチェックすることが出来ます。
お店に直接問い合わせをすることも風俗で働く際は大事になってきます。LINEやメールでもいいので、バイトをする前に不安に思うことは解決しておきましょう。また、体験入店をしているお店もあるので、本入店前にバイト感覚で実際働いてみるのも良いでしょう。是非、最高峰の風俗業種でバイトをしてみてください。

夕方以降が稼ぎ時!宇都宮での働き方。